トップページ > 病院概要 > 腎センター  

腎センター

6時間透析について

透析とは、悪くなった腎臓の代わりに血液をきれいに洗う治療です。
この治療がなかった頃は、みなさん若くして命を落とされていました。
医学の進歩とともに、透析の技術も進歩してきています。
しかし、透析は時間をかけなければ心臓や脳に負担がかかり長生きできません。
透析時間が4時間では、10年後に約半分の方が命を落とされています。6時間では、10年後に約8割の方が元気に生存されています。
透析患者さんの命と健康を守るために当院では、開設以来20年以上にわたり6時間透析を続けています。

腎センターのご紹介

腎センターは、臨床工学技士・看護師・ケアスタッフで構成されています。
透析療法は、一般的な外来と違い、週3回の通院治療を一生続けなければなりません。
私達スタッフは、安全な医療の提供と共に、患者さん一人一人が、その人らしく生活できるよう、サポートしています。

腎センター|看護部

私たち腎センター看護スタッフは、6時間の透析時間を利用し、食事指導や日常生活へのアドバイスを行い、患者さんが安心してより快適な透析生活を送れるようにサポートしています。
看護面では、いつまでも自分の足で歩いていただくために、フットケアに力を入れ、糖尿病の方に限らず、すべての患者さんの足を定期的に観察し、異常の早期発見に努めています。
日頃から爪切り指導や、足のお手入れ方法、巻爪に対する処置指導などを行い予防にも努めています。

オーバーナイト透析

オーバーナイト透析(深夜透析)について

血液透析は1回に5時間前後かかりますので(当院は6時間)、患者さんは午後5時くらいまでに病院に到着して頂かなくてはなりません。ですが、午後5時までに病院に到着するためには、
『定時まで仕事ができず、早退しなければならない』
『家族と夕食を一緒に食べられない』

など、働き盛りの透析患者さんにとってハードルが高くなっています。
そこで、当院では働き盛りの透析患者さんのお手伝いをしたいと考え、深夜・寝ている間に血液透析をするオーバーナイト透析を始めました。夜の10時30分までに病院に来て頂き夜の11時から翌朝の7時まで透析をしています。

睡眠中に透析しますので、透析時間は8時間でも、慣れてくれば実際に感じる時間は1時間程度と言われています。

ご興味を持たれた方は、お気軽に当院腎センターまでお問い合わせください。

お問い合わせ

  • 腎センター直通 TEL:0955-23-8835(担当:都知木・熊川)

オーバーナイト透析のパンフレット

オーバーナイト透析のパンフレットのPDFファイルをダウンロードいただけます ダウンロードする

オーバーナイト透析の動画

オーバーナイト透析の紹介動画がご覧いただけます

 

在宅血液透析(HHD)

在宅血液透析(HHD)とは

 ・ご自宅に透析機器を設置し、患者さんと介助者の協力のもとで準備・穿刺・透析・返血等の手技を行う治療方法です。

 ・ご自身のライフスタイルに合わせて、お好きな時間帯に血液透析を行うことができます。
 (※月・水・金であればオーバーナイト透析も対応可能です。)

 ・自己責任、自己管理を伴う治療法であり、介助者とともに施設での一定期間のトレーニングが必要です。

 ・ご自宅の設備環境によっては、簡単な電源工事、給排水工事は必要となります。

 ・トレーニング、管理ともに伊万里、天神の両施設にて対応可能です。

詳しくは、前田病院腎センターまでお気軽にお問い合わせください。
腎センター直通 TEL:0955-23-8835(担当:古賀、清水、小林)

Copyright©maeda hospital All rights reserved.