トップページ > 病院概要 > 病院理念・沿革  

病院理念

基本方針

質の高い医療を提供できるよう研鑽に努めます。
患者権利憲章典を遵守した医療の実践に努めます。
信頼される医療機関として、地域社会に貢献に努めます。
職員が互いに信頼し、誇りと責任を持って働ける職場であるよう努めます。

沿革

1916年 前田利道が前田病院を開業
1948年 前田知佑が事業継承
1954年 法人組織に改め、「医療法人前田病院」となる
1963年 前田病院長生園分院を開設(結核病棟および運動機能回復施設)
1972年 伊万里川河川拡幅工事に伴い、前田病院を新築(7階建)
1982年 関連施設である特別養護老人ホーム長生園(70名)が完成
1984年 長生園分院を特例許可老人病院として新築(結核病床廃止)
1989年 前田利朗が事業継承 人工透析治療を開始
1991年 託児所「ほがらか園」を職員の福利厚生施設として開設
1994年 腎センターを建設(最大同時透析50床)
1999年 本院77床をケアミックス病棟に、長生園分院52床を療養型に再編
2000年 長生園分院の一部を介護療養型医療施設へ変更
2003年 腎センターを増築(最大同時透析100床が可能)
2004年 「医療法人前田病院」を「医療法人幸善会前田病院」と改称
2006年 本院・長生園分院統合のための新築移転工事開始
2007年 新病院竣工

Copyright©maeda hospital All rights reserved.